おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

おすすめ情報
中学、高校の学生時代は、自転車で通学していた。通学時間は5分〜10分。自転車でそのくらいと思っているので、家を出る時間はいつもぎりぎり。遅刻間際に着くこともあった。それから、自転車での通学でリスクになるのが雨や雪の悪天候。今じゃ傘をさして自転車に乗ることは違法なのが周知の事実だが、当時は普通のことだった。今も普通に傘をさして自転車で通勤通学している人はたくさんいるけどね。雨や雪、そんな日は自転車を置いて歩いて通学しなくてはいけない。自転車で行くための時間で起きていると、起きて雨、雪が降っているのに気がついて、間に合わないなんてことがある。よく行くのを諦めてたなー。 そして根性のない私は、冬は自転車の通学をやめて歩いて通学していた。冬の自転車は寒いんだ。歩いたほうがあのスピードで感じる寒さはないし、体はあったまる。高校を出て、そのあとの学生生活は自転車なしの電車で通学生活だった。就職して学校まで自転車で通勤。自転車で5分だとあまりスイッチの切り替えができなかったりするんだよね。でも帰りが5分疾走すれば家につけるというのはよかった。
退職をしてからはほとんど自転車には乗らなかった。歩く専門だった。自転車は空気入れたり拭いたりしなきゃ乗れなかったりしてね。でも、実家までの早足5分の道のりでさえ、スイスイで2分もあれば玄関から玄関についてしまう。自転車って便利だよねー。